確定拠出年金導入,iDeCo加入支援・運用相談

弊社の新社名「未来資産」には
実は「年金」という意味もあります。

 

未来資産コンサルティング株式会社では

「企業型確定拠出年金」の導入、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」加入支援・運用相談・企業向け投資教育を行っています。

定期的にセミナー開催

LINE@やメルマガでも情報発信しています。

 

確定拠出年金についての情報発信を行っています

この「確定拠出年金」って名前がよくないですよね。

なんか難しそうな固いイメージのせいか、
なんだかわけわからない難しいのものだと捉えられてしまいます。

個人型確定拠出年金にはiDeCo(イデコ)という愛称がつきました。

 

「確定拠出年金」とは、

将来の資産形成のための有益な方法

不透明な公的年金を補うじぶん年金です。

 

なじみのないこの確定拠出年金をこれからメルマガでも少しずつを伝えていきます。

 

マネーセミナーでは人生の3大必要資金
「教育資金」「住宅資金」「老後資金」
の話しをします。

でも参加者によってこの内容は変えますが、絶対に必要なのは老後資金。
教育は子供がいないといらいなし、住宅も必要ない方もいます。

 

でも老後・・・・これは避けられません。
誰にでも平等に訪れます。

 

「下流老人」や「老後破産」などこんな言葉もちらほら目にするこの時代。
それほど老後は平等に漠然とした不安を抱いて誰の中にもあるような気がします。

セミナーの中で「老後資金が不安な方?」と聞いて手を挙げない方はほぼいません。

 

「確定拠出年金」なかなか情報が入らなくて、
なんだろうこれはと思っている方も多いのでしょう。

確定拠出年金の最大の魅力は、税制メリット
拠出時全額所得控除運用益非課税受け取り時税制優遇

 

 

この難しそうな名前
「確定拠出年金」が日本に導入されてから10年以上経ちますが、
なかなかその中身を知っている人はいません。

 

「そう言えば会社でこんなの加入したな~」

そうなのです。その程度の認知度。

 

この制度は企業ではすでに退職金形成として導入している会社も多く、
すごく身近にある制度なのにその実態をわかっている人があまりにも少ない。

 

なぜなら、自己責任の運用が入ってくるから。

特にファイナンス教育を受けてきてない日本人は大の苦手なとこです。

 

「会社でやっているけど何をどうしたらいいのかまったくわかりません。」
そんな相談が最近よくあります。

でもすごく大事な制度なので、わかって貰いたいという想いで
セミナーやメルマガでも発信して行きます。

 

特に主婦や公務員など今まで加入出来なかった方々も、
2017年1月1日より加入できるようになり、現役世代誰もが加入出来るようになりました。

 

まずはご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金専門ファイナンシャルプランナー

木原 美恵より